末広亭友の会

お運びをいただきましてありがとうございます。

このシリーズもいよいよ終盤です。
今日は私のおすすめの寄席「新宿末広亭」にある、「末広亭友の会」をご紹介したいと思います。

1年単位で入会するこの「友の会」には、いくつもの会員特典がございます。
それではご紹介いたしましょう!

 

① 招待券

「友の会」の年会費1万円なのですが、入会するとまずその場で1枚、そして3カ月ごとに合計3枚の招待券が送られてきます。(有効期限はそれぞれ3カ月間)

本来の末広亭の木戸銭は3千円ですから、4回で1万2千円。この時点で元が取れてしまいます。
しかも、

絶対この1年に4回寄席に行こうと決意できる。

というメリットも。

 

② 会員証による割引き

「友の会」に入会すると会員証が発行されます。
その会員証の使い方は、

 

友だちに見せびらかす。

 

というのももちろん良いですが、もう一つ、

木戸銭の割引き

に使うことができます。カードを見せればいつでも学生料金(2500円)で入れます。
お連れの方1人も同料金入れます。
この特典を有効に使い、意中の人を寄席に誘うのも良いでしょう。

会員証を振りかざして。

 

③ 入会記念品

これも大きな特典です。入会記念品として、末広亭オリジナルグッズである
扇子、手拭い、湯呑み茶碗の内から2点がもらえます。

これらは売店でお土産として売っているものですが、

  • 扇子(1500円)
  • 手拭い、湯呑み茶碗(800円)

ですので、2点で最大2300円のグッズをもらえます!

しかもこれがなかなか良いものです。

 

私は、高座扇子と手拭いをもらって

 

すっかり落語家気分です。

 

家でも扇子を開いたり閉じたりしっぱなし。
ほんと気持ちいいんです、高座扇子って。

(高座扇子についてはすでに記事がありますので良ければご覧ください。)

粋な大人のクールビズ。「江戸扇子」のススメ
お運びをいただきまして厚く御礼申し上げます。気候もだんだんと夏めいてまいりました。そこで今回は、落語にも欠かせない「扇子」のお話です。落語で使う小道具と言え...

 

④ 更新時の特典

1年が経つ頃に、更新の案内が届きます。
更新時には、またオリジナルの扇子がもらえます。
(更新時は高座扇子は選べず普通の扇子になります。)

さらに、更新するとお礼として招待券が一枚もらえます。
つまり、更新した年は1年で5枚!
皆さん、決して

 

「そんなに行けないよ!」

 

とか言わないでください。
せっかくですから、楽しみましょう(*^^*)

 

まとめ

「末広亭友の会」にはとてもたくさんの特典があり、おすすめです。
しかし、「友の会」最大のメリットはやはり

会員としての優越感

でしょう。

私が寄席を、ひいては落語界を支えているんだという自覚です。

・・・はい、大げさですね(´艸`*)

さて次回は、このシリーズの総まとめを致しましょう。
またのお越しをお待ちしております。