池袋演芸場

お運びさまで、厚く御礼申し上げます。

このシリーズも前回で第10回を数えまして、読者の皆さまには本当に感謝しております。
寄席の魅力が少しでもお分かりいただけましたでしょうか?

いよいよシリーズもまとめにかかろうというわけでして、今回は落語そのもの以外で寄席のどんな所を楽しめるかをご紹介したいと思います。

それでは参りましょう!

 

① 太鼓・出囃子の生演奏

太鼓や三味線などの和楽器の生演奏、これも寄席の楽しみの一つです。

寄席では番組の前後に前座が太鼓が打ち鳴らすのですが、
一番太鼓・二番太鼓・追い出し太鼓という3種類の叩き方があります。

そして、三味線・笛・太鼓などによるお囃子は、大変に情緒のあるものです。
生のお囃子を聴ける機会はなかなかないので、これだけでも寄席に行く価値があるのではと思います。

落語家が高座に上がる時に演奏する曲を出囃子と言いますが、
落語家それぞれが自分の出囃子の曲を決めているため、いろいろな曲が聴けます。

通になってくると、曲を聴いただけで誰が上がるかがわかるんでしょうなぁ。。

出囃子が鳴る。
お目当ての師匠が上がる。
「待ってました!」と声を掛ける。

はい、私の憧れです。

なかなか勇気がなくてできませんが(*´Д`)
いつかやってみたいです。

 

さらに、色物で紙切りという芸がありますが、師匠が紙切りをしている間、やはり下座で曲を演奏してくれます。

 

しかも、切るお題に合わせた曲を即興で演奏する

 

という高等テクニック。

例えばお客さんから、「入学式!」とリクエストが入ると・・・

師匠が少し考えてハサミを動かしだす。
即興で、「1年生になったら」の曲が演奏される。
曲に合わせてあっという間に美しい入学式の紙切りが完成する。

なんというチームワーク。
もうさすがとしか言いようのない芸を、寄席では堪能できるのです。

 

② お弁当

寄席は飲食自由ですから、お弁当にもこだわりたいですなぁ。
持ち込みOKですので、デパートなどでお気に入りのお弁当を買って来るのも良いでしょう。

また、寄席の売店で売っている助六弁当などを購入して食べるのもオツなもの。

私も一度、持ち込むのではなく、あえて寄席の売店で助六を買って食べてみました。
美味しかったです。
いかにも寄席って感じだなぁと思います。
でもやっぱり、

 

豪華なお弁当を食べている人が羨ましい(*´Д`)

 

はい、今度はちゃんと買ってきます。

 

高級弁当を買ってリベンジです。(←本来の目的を忘れるな)

 

③ 寄席グッズ

各寄席にて、いろいろなグッズを売っています。

例えば新宿末広亭。

  • オリジナル高座扇子
  • オリジナル手拭い
  • オリジナル湯のみ
  • オリジナル提灯
  • オリジナルTシャツ

などが購入可能です。

 

扇子と手拭いを買って落語家気分を味わうのもいいですなぁ。
私はすでに手に入れましたが、とても気に入っています。

しかしオリジナルTシャツは、もし買ったとしても、

 

いったいどこで着ればいいんだろう(*´Д`)

 

「このTシャツを着ている人は寄席の木戸銭値引きします!」と言われれば着ていく・・・・・かも笑

 

まとめ

今回は、寄席の楽しみ方、番外編でございました。
落語そのもの以外にも、いろんな楽しみがあるんですなぁ。
せっかく時間とお金を使うんです、目いっぱい楽しみましょう(*^^)v

次回のこのシリーズは、「末広亭友の会」の勧めです。
またのお越しをお待ちしております。