吉原

毎度お運びさまで、ありがたく御礼申し上げます。

さて、演目のジャンルについて2回にわたってご案内して参りましたが、今日はその続きでございます。
早速参りましょう!

 

⑨ 艶噺(バレ噺)

落語の方には色っぽい噺もございます。もっともそこは江戸落語、基本的にはそんなに露骨なものではなく、上品に面白おかしく演じるわけですが。

  • 「紙入れ」
  • 「短命」
  • 「風呂敷」

あたりになるでしょうか。
特に「紙入れ」がよく高座に掛かる印象です。 要は不倫現場がバレそうになってしまうという笑
今も昔も、こういうことと言うのは変わらないもんですなぁ。
落語の方ではたいてい、血なまぐさい修羅場が訪れるなんてぇことはないんですが、

 

現実はそう甘くないでしょう。

 

「人の女房と枯れ木の枝は 登りつめたら命懸け」なんてぇことを申しますし^^;

 

⑩ 廓(くるわ)噺

こちらも色っぽい噺なのですが、 吉原などの遊郭を舞台にした噺になります。

  • 「三枚起請」
  • 「品川心中」
  • 「明烏」
  • 「お直し」

などが有名です。 現在は遊郭というものはなくなってしまいましたが、色恋沙汰というテーマは永久不変。
そして、遊郭という歴史を感じるテーマが、落語の情緒を感じさせてもくれるのです。

「三枚起請」も「品川心中」もそうなんですが、廓噺には男女の騙し合いが多いんですね。
これも、今も昔も変わりません。そしてたいてい、騙されるのは男なんですなぁ(*´Д`)

ですからこういった噺を聴くと、あぁ男てぇのは騙されやすいんだ。もう騙されちゃいけない、気を付けよう。
と思うんですが、

 

やっぱり騙される。

 

はい、男てぇのはそういうものなんでございます。

 

⑪ 人情噺

こちらはガラッと変わって、しんみりとする人情噺です。落語は、面白い噺だけではないんですなぁ。

  • 「芝浜」
  • 「文七元結」
  • 「子別れ」

あたりがよく聴かれます。もちろんこう言った感動的な噺でも、随所に笑いどころもあるものです。
特に「芝浜」は有名な演目ですね。夫婦愛がよく表現された名作です。
DVDなどで見ても感動するんですが、私は初めて寄席で聴いたとき、あまりの感動に

 

本当に泣いてしまった

 

ぐらいです。これが生の落語の力なんだと思いました。

だからこそ、皆さんにも生の落語を聴いていただきたいと思っているのです。

 

⑫ 怪談噺

さぁ最後は怪談噺です。

  • 「死神」
  • 「お菊の皿」
  • 「へっつい幽霊」

あたりが有名どころでしょう。
とくに有名なのが「死神」です。落語以外でもどこかで聴いたことがある話かも知れません。
寿命を延ばすためにロウソクをつぎ足すあの話です。

 

ちなみに私は中学生の頃に、柳家小三治師匠の「死神」をCDで聴いて、

 

あまりに怖くて小三治師匠がキライになった

 

のを覚えています( ゚Д゚)
もちろん今では大好きな師匠の一人ですが

そして「死神」は本来、そこまで本気の恐い噺ではなく、楽しくかつシニカルな噺です。
まだ子どもだった自分には、死神の声が恐ろしく感じてしまったんですねぇ。

そしてこの「死神」は、「仕草落ち」という珍しいオチで終わることでも有名です。
セリフではなくて仕草でサゲるわけですね。

 

まとめ

これまで3回に渡って演目のジャンルを簡単にご紹介してきました。
とは言え、落語のジャンルはまだまだたくさんあります。

旅の噺、動物が出てくる噺、芝居噺などがそうです。

さらに、どのジャンルにも属さないような唯一無二の名作も多く存在しています。
ですから、演目をすべてジャンルに分ける必要もないんですね。
なんとなく、こんなジャンルがあるんだと知っていると楽しいというお話でございました。

 

さて、「寄席の楽しみ方」シリーズもかなり進んできました。
今後は、番外編の楽しみ方をご紹介しながらシリーズをまとめていきたいと思います。

またのお越しをお待ちしております。