そば

お運びをいただきましてありがとうございます。

前回は、寄席で聴ける演目のジャンルを4つご紹介しました。
今日はその続きです。

それでは早速参りましょう!

 

⑤ 子どもが出てくる噺

子どもが主役になる噺も、一日の寄席の中で一度は聴くことになるでしょう。
そして落語に出てくる子どもはみんな賢く、親をやりこめてしまいます。

  • 「初天神」
  • 「真田小僧」
  • 「桃太郎」

このあたりが定番でしょう。寄席でしょっちゅう耳にします。
「初天神」は、年始にお参りに行くという噺なので、1、2月には特に多く高座に掛かります。

 

「金坊、連れて行ってやるけど今日は何も買わないからな?」
 「わかったよぉ、お父ちゃん♪」
「楽しいなぁ、初天神(*´▽`*)♪」
 「ねぇお父ちゃん?」
「なんだー?」
 「今日ぼく何もおねだりしてないねー?」
「そうだなぁ」
 「いい子?」
「いい子だなぁ」
 「じゃあ、いい子のご褒美に何か買って?(*^^*)」
「また始めやがった!」

 

という具合です。やっぱり子どもには勝てないですなぁ。

そしてこれらの噺は、親が子どもとしっかり向き合って対話すること、子どもの話に時間を取って耳を傾けることを学ばされます。

そうです、落語は、親子間のコミュニケーション不足が叫ばれるこの時代に

 

一石を投じているのです。

 

いやまぁ、それほど大げさなものじゃないですね笑
一石というより一席ですし。

 

⑥ 酒呑み噺

落語には、酔っ払いが登場する噺も多いですな。落語家が酔っている演技をすると、本当に酔っぱらっているように見えてくるから不思議です。

  • 「親子酒」
  • 「替り目」
  • 「禁酒番屋」

あたりが多いでしょうか。

たとえば「親子酒」は、酒癖の悪い息子のために、父親ともども酒を断つという感動的な設定なのですが、結局二人とも酔っぱらってしまうという噺。
父親の酔っぱらっていく様子や二人それぞれの言い訳が本当に面白く、また微笑ましくもあるんですな。

 

今度お酒を召し上がる際には、皆さんも言ってみてください。

 

「あー、胃袋が喜んでるよ。来ないかなぁと思ってる所に、「こんばんは♪」って入ってったもんだから、「あらー、どうしたのー♪どうぞどうぞ!」って・・・やってるよー(*‘∀‘)」

 

きっと楽しいお酒になるでしょう。あるいは

 

「え。急にどうした?」

 

と、目を丸くされることでしょう。

 

⑦ 食べ物を食べる噺

これも落語の醍醐味の一つで、落語家の円熟した仕草は、本当に物を食べているように見えてくるから不思議です。
同じ食べ物を食べる噺は、やはり「付く」ので普通は避けられます。

  • 「時そば」
  • 「そば清」
  • 「うどん屋」

あたりは、みんな麺類です。他にも、「二番煎じ」「青菜」など、美味しそうに食べる噺は多くありますな。

 

「時そば」は、もっとも有名な演目と言っても過言ではないでしょう。
みんなが知っているネタです。
それでも寄席ではしょっちゅう掛かります。みんな色んなアレンジを加えて面白く演っていますな。

 

このあいだ聴いた「時そば」では、不味い方のそば屋のつゆが、なんだか変わってるなぁと思ったら

 

ベビースターラーメンで出汁を取っていたそうです。

(通な方はきっと、誰の演出かわかるでしょう(^^))

 

しかも、食べ終わる頃には若干くせになってしまうという笑

皆さんも、色々な「時そば」を楽しんでみてください。

 

⑧ 武家噺

お侍さんも、時々登場してきます。

  • 「目黒のさんま」
  • 「井戸の茶碗」

あたりが有名ですね。格式の高い話し方やちょっとマヌケなお武家さまなど、武家噺も楽しいものです。
あの名言「さんまは目黒に限る。」をいつか使ってみたいものですが、

 

言えるシチュエーションがまったくない

 

です。

 

さて、今回も4つご紹介いたしました。
次回はさらに4つのジャンルをご紹介いたします。

またのお越しをお待ちしております。