高座

本日もお運びをいただきまして、厚く御礼申し上げます。

これまでは寄席の全体的な流れについて見てきましたが、ここからは落語家が寄席でどんな演目を高座に掛けるのか、考えてみたいと思います。

寄席では普通、どの演目を演るかはあらかじめ発表されていません。その場で落語家がいろんな要素を考慮しながら出し物を選んでいるわけです。

今日は、落語家がどんな要素を考慮して噺を選んでいるのか、お伝えしましょう。
それでは参ります!

 

① 同じ噺は避ける

まず大前提として、

 

同じ日に同じ噺は演らない

 

という鉄則がございます。
ですから、寄席に遊びに行けば、一日じゅう居たとしても同じ噺を2度聴くことはないんですな。

落語家は高座に上がる前に必ず、ネタ帳というものを見ます。
そこにはその日、誰がどの噺を演ったかということが記録されています。
それを見ながら、「じゃあ今日はこの噺をしよう」などと考えるわけですな。

考えてみれば、それってすごいことですね。

例えば末広亭には昼夜の入替えがありません
昼席の最初から夜席のトリまで全部楽しもうなんてぇ猛者もいらっしゃるわけです。

ですから落語家は、すべての演目をチェックして噺を決めなくてはなりません。
夜席のトリともなりますと、すでにその日に上がっている20人以上のした噺を避けて、なおかつ自分の得意とする、お客さんを満足させられるネタを演らなければならないのです。
やはりトリというのは、実力がないとできないということですなぁ。

ところが私が寄席に行ったある日、事件が起きました。
なんと夜席のトリが、その夜席ですでに1度演じられた噺を掛けたのです!

実はそれはしくじりではなく、あえてそうしたということが後でわかったのですが。

同じ噺だと分かった瞬間は、

 

客席は明らかにどよめきました( ゚Д゚)

 

それだけ、1日で同じ噺が掛かることはないということが常識になっているんですね。

結果としてこの師匠の「あえての同じ演目作戦(?)」は大成功でした。
その模様は、こちらの記事でご覧いただけます。

おすすめの落語家① 春風亭一之輔
お運びをいただきまして、厚く御礼申し上げます。今回は私がおすすめする落語家をご紹介したいと思います。取り上げますのは若手ナンバーワンの呼び声高い 春風亭...

 

② 同ジャンルの噺も避ける

さて、寄席では(原則的に)同じ演目を掛けないだけでなく、同じジャンルの噺も避けることになっています。

同じようなテーマや要素を含む噺を、「ネタがつく」と言うんですが、落語家はみな、ネタがつかないように演目を選んでいます。
客席を飽きさせないための努力をしてくれているということですなぁ。嬉しいことです。

例えば落語には、子どもが出てくる噺、泥棒の噺、長屋が舞台の噺などのジャンルがあり、落語家は同じような登場人物や設定の噺を避けるわけです。

もっとも、それぞれの噺にいくつものテーマが関係している事もあるので、厳密に避けるのは不可能でしょう。

私が寄席に行ったある日には、二人の落語家がオリジナルの新作落語を演じたのですが、どちらの噺にも自転車が出てくる場面があり、「ネタがついた(-_-)」と落ち込んでいました。まぁこの場合は新作ですし、ほぼ冗談で言っているんでしょうけどね笑

 

③ 季節や客席の様子によって決める

落語には、それぞれの季節にあった演目もございます。お正月には初詣の噺、春にはお花見の噺、秋にはさんまの噺、といった具合です。
年末になるとよく演じられる噺もいくつかありますが、「芝浜」が有名ですなぁ。

しかし私が寄席に行ったある日、4月にもかかわらず「芝浜」が掛かりました!
やはり、

 

客席は明らかにどよめきました( ゚Д゚)

 

もちろん年末以外にやってもいいのですが、年末を思わせるネタへの驚きと、ここで「芝浜」が聴けるのかという喜びで客席の空気が一変したのです。こういう所も寄席ならではの楽しみですね。

そして落語家は客席の様子もよく見ているようです。すでに高座を終えた師匠からお客さんの反応を聞いて、「今日のお客さんはノリが良いから得意の滑稽噺で行こう」とか、「今日はあまりウケが良くないから、ちょっと落ち着いた噺にしよう」などと考えたりするそうです。

また、色っぽい噺をしようと思って上がっても、客席に子どもがいるのを見て変えたり(あるいはあえて変えなかったり笑)するそうです。

 

④ 噺の長さも考慮する

上記の要素を考えた上で、あとはその時の気分で決めていくわけですが、寄席というのは通常持ち時間が15分ほどしかありません。ですからできるネタも限られてきます。

もっとも、トリだけは持ち時間が30分ほどあるので、ある程度本格的な噺ができるわけです。

とはいえ中には、長い噺を短くまとめて(寄席サイズと言います)寄席で演じたり、逆に前座がするような短い噺を肉付けしてトリが演ったりすることもあり、これも寄席の醍醐味です。

落語家の皆さんは寄席を修行の場とも考えているようで、持ちネタを磨き上げていく格好の勉強の場になっているようですね。

 

まとめ

落語家がネタ選びをする時に考慮する要素を考えてきました。(細かい事を言えば他にも色々とあるのですが、大まかにはこんなところでしょう。)

寄席に出るには、たくさんの持ちネタが必要なんですなぁ。

しかし、新作落語に関しては噺がオリジナルですし基本的にその人しか演らないので、あまりネタ帳を気にせずに高座に掛けられます。
ちなみにあるベテランの師匠は、

 

いつ行っても同じ新作落語

 

しか演りません。でも、何回聴いても楽しいから、それはそれでいいんです(´艸`*)

 

今後、具体的な演目やジャンルについてもご紹介していきたいと思います。
またのお越しをお待ちしております。