今年は冬が長かったからか、桜の開花が遅かったですね。

まだまだ夜も冷え込みますので、ヒーターや分厚い毛布がもう少し居すわりそうです。

 

そんな中でもスーパーの野菜売り場をのぞくと、タケノコやふきのとうなどの春もの野菜が出回り始めて、すっかり春を感じるようになりましたね。

 

「春は芽を食い、夏は葉を食い、秋は実を食い、冬は根を食う。なんてことを申します。」

 

はい、落語「たけのこ」の一節です。

柳家喜多八師匠が得意とされた「たけのこ」、私も大好きな話のひとつなんです。

 

というわけで、「芽を食う」強化月間の一環として、タケノコの土佐煮を作ってみました。

もちろん使ったのは「隣のタケノコ」ではなく、スーパーで買ったタケノコですのでご安心を(^^)

 

作り方はいたって簡単。

タケノコをだし汁としょうゆとみりんで煮て、仕上げにかつおぶしをまぶして完成です。

 

タケノコの土佐煮

 

シンプルながら、タケノコのおいしさが際立つ逸品ですね。風味豊かな「かつおぶし殿」が良い仕事をしてくれています。

冷めてもおいしいので、行楽弁当などにもぴったりですね。

 

もっとも我が家では、お弁当に入れる前にすっかり食べてしまいましたが。

まさしく、

 

「もはやすでに、手遅れにございます。亡きがらは、腹中に収まりましてございます。」