江戸時代

お運びをいただきまして、ありがとうございます。
七之輔でございます。

皆さんは、

 

「古典落語」と「新作落語」

 

なんてぇ言葉をお聞きになったことはあるでしょうか?

落語の演目を分類するための用語ですね。

 

もちろん「古典」は古い演目で「新作」は新しい演目のことなんですが、
その違いはどのように定義されているのでしょうか?

2つの観点から「古典」と「新作」の違いを説明いたします。

 

作られた時期

 

人によって説明が多少異なるのですが、

 

「大正時代までに作られた演目が古典、昭和時代以降に作られた演目が新作」

 

あるいは

 

「戦前に作られた噺が古典、戦後に作られた噺が新作」

 

このいずれかの考え方が多いようです。
古い演目は江戸時代から語り継がれているんですから、落語って本当に由緒ある芸能ですねぇ。

一方で新作派の落語家たちは、今も精力的に新作を作りつづけています。

現代的な設定や笑いを取り入れた新作は、古典とはひと味違った楽しみを与えてくれます。

 

 

演じ手の人数

 

新作というのは誰かがオリジナルで考えた噺のことですから、

基本的には当人しか演じません。

しかしそれが良い噺であれば、

 

「アタシも演りたい!」

 

という落語家が出てくるものでございます。

そうして当人の承諾を得て演じ手が増えていきますと、段々と定番化して新作落語が古典落語になっていくというわけですな。
そんなことから落語家の中には、

 

「演じ手が二人以上になったらその噺はもう古典である。」

 

という師匠もいます。

 

まとめ

 

「古典」か「新作」かは上記の2点が関係してくるので、実は曖昧な部分もあるものなのです。

 

江戸時代からある噺などは明らかに古典と言っていいでしょうし、最近作られた噺で当人しか演じていなければ明らか新作でしょう。

 

しかし、数十年前に作られた噺でだんだん演じ手が増えてきている噺などは、古典か新作か微妙なところということになります。

ですので、「古典」と「新作」は落語家もよく使う言葉ではあるのですが、明確な基準があるわけではありません。

 

結局「古典」と「新作」の違いは、簡単に言ってしまえば

 

語り継がれて定番化している噺か、そうでないか

 

ぐらいのニュアンスで大丈夫でしょう。

 

「じゃあここまでの長い説明は何だったんだ!」って?

 

たしかに。。。

 

まぁそのあたりの曖昧さも、

 

落語という芸能の懐の深さ

 

だと考えていただければ幸いです(*´艸`*)