ラジオ

お運びさまで、まことにありがとうございます。

近年は落語ブームなんてぇことを申しまして、「これから落語デビューしよう!」という方も少なくないようでございます。

そこで今日は、初心者でも落語を楽しめる方法を4つに分けてご紹介します。

(まぁ私も初心者なんですが。)

 

それでは早速まいりましょう!

 

落語を聴くための4つの方法

 

ネット・テレビ・ラジオ

 

一番身近でお金が掛からないということになりますと、この辺りになるでしょう。
もっとも、テレビやラジオで落語を聴ける番組は多くはありませんが。
落語ファンとしては、寂しいところですなぁ。

その点、ネットは便利です。
たとえばyoutube。

映像付きのものから音声だけのものまで、色々な落語家のビデオがアップされています。
ためしに「落語」で検索してみてくださいね。

 

DVD・CD

 

こちらは有料ということになりますな。
図書館で借りれば無料で楽しむことも可能です。

落語のDVDやCDは山ほど出ていますが、最初は有名な落語家のものや、落語会の様子を収めたものがいいと思います。

それから、DVD付きの落語入門書というのもありますな。

初心者におすすめです。今度改めてご紹介しますね。

 

寄席

 

やはり落語は生に限ります。

映像や音声だけよりも、心にぐっと迫るものがあるのです。
そんな生の落語を聴くのにも、「寄席」と「落語会」という二種類の場がございます。

寄席というのは、年じゅう毎日落語を中心とした公演を行なっている場所で、東京には4件ございます。
落語会というのは、多目的ホール等で行なわれる短期間の公演で、こちらは日本各地で開かれています。

「最初は寄席に行ってみるのが良い!」という方もいらっしゃれば、
「いやいや、最初は落語会の方が良い!」という方もおられますな。

これがなかなか難しいところでして、アニさん方は、どう思われますか?

ちなみに私は寄席派です。
寄席独特の風情というのが、たまらないんですなぁ。

 

落語会

 

これは日本各地で行なわれているので、身近で生の落語に触れる良い機会となるでしょう。
大規模なものから小規模なものまで、様々なコンセプトの落語会が開かれています。

寄席との違いですが、

寄席は大勢の落語家がひとり15分ほどの持ち時間で落語を演じて交代してゆき、主任(トリ)を務める落語家だけが、30分くらいじっくり演じて終演となります。

いっぽう落語会は、出演者は少なく、30分くらいの話をじっくりと数本聴くことができることが多いです。

皆さんのご近所でも落語会が開かれているかも知れませんよ。ぜひ検索してみてください。

 

まとめ

 

今回は簡単な説明でしたが、また機会を見つけて一つずつじっくりご説明させていただきます。

どんなことでも第一印象は大切ですから、初めて落語に接する方にはぜひイチオシの落語家の落語を聴いてほしいですなぁ。

おすすめの落語家に関しては、また別のシリーズでお伝えしていきたいと思います。

 

まぁとりあえず、

  • 古今亭志ん朝師匠(故人)
  • 立川志の輔師匠
  • 春風亭一之輔師匠

これらの師匠方の落語を聴けば、初めての方でもきっと楽しめることでしょう。

なぜかというと、、、

 

ハッ・・(´Д`)

 

さっそく語りたくなってしまいました。

 

話しだすと止まらないので、おすすめの落語家の話はまた今度にいたします。

またのお越しをお待ちしております。