解説

 

お運びで、ありがたく御礼申し上げます。

今日は、「落語とはそもそも何なのか」なんてぇことをお話ししたいと思います。

落語とは何か

 

落語とは、簡単に言えば・・・・・

 

一人で二役以上を演じ、話と仕草だけで演じる芸能

 

ということになるでしょう。

座布団に正座して演じるというフォーマットも、落語の定義に入れても良いかも知れません。
もともと落語は「落とし噺」といって滑稽な話のことだけを指していたんですが、のちに人情噺や怪談噺なども含めて「落語」と呼ぶようになったそうですな。

もっとも、人情噺や怪談噺だって、ただただ心温まる話とか怖い話というわけではなく、笑いどころもちゃんとあるものです。
プロの落語家は江戸時代、1800年頃から現れ始めたと言われておりますから、優に200年以上の歴史があるということになりますなぁ。
落語は江戸と上方の両方で独自に発展していったわけですが、私の方は江戸落語を好んで聴いております。

 

落語の魅力とは

 

今やお笑いにも、実にたくさんの種類がありますなぁ。
私の方はお笑い好きですから、漫才、コント、漫談・・・・どれも大好きでございます。

それぞれに良い所があるんですな。
漫才やコントは、お笑いとして分かりやすく、テレビ向きです。
反対にテレビでは、落語を見る機会はなかなかないですなぁ。

なかなか落語に接する機会は少ないので、もしかすると最近は、

 

落語=笑点の大喜利

 

くらいに思っている方も少なくないのかも知れません。
本当にそう思ってる方のために一応言っておきますが、

 

座布団の取り合いは余興に過ぎません。

 

「大喜利」ってそもそも、寄席の最後におこなう余興を指す言葉ですからねぇ。

 

では、落語の良い所は一体何なのか。

私の感じる所では、

 

  • 一人ですべてを演じ、表現することの奥深さ。
  • 古典芸能の持つ独特の風情。

 

ということになってくると思いますな。
たった一人で話しているだけなのに、上手な人が演じると、漫才やコント以上に爆発力のある笑いがあり、深~い味わいもあるものなんでございます。

 

まとめ

 

ぺーぺーの落語男子が偉そうに語りました。
先輩方、これで合ってます?

もし「そんな説明じゃまだまだ甘い!」と思われたなら、ぜひぜひご指導くださいませ。

あるいは落語界の伝統にのっとって、

 

座布団全部持ってっちゃってください。

↑ ↑ ↑
だからそれは余興だって( -д-)ノ

 

それでは、またのお越しをお待ちしております。