2018年1月12日、落語家・柳家小蝠(やなぎや こふく)が42歳の若さで亡くなりました。

もともと糖尿病を患っていましたが、インフルエンザにかかり、死因となったのは肺炎。周囲から愛される小蝠師匠の早すぎる死は多くのファンに衝撃を与えています。

小蝠師匠と言えば、もともとは立川談志に入門し将来を期待されたものの、立川流の上納金を払えずに破門。

十代目・桂文治に拾われて新たに修行し、師匠・文治の死後、3人目の師匠である柳家蝠丸門下で真打になった落語家。苦労人であり、落語家たちから愛されていました。

私も大の落語好きとして、こういうニュースはやはり悲しいです。

しかし今回はそれと同時に、落語家の死生観についても考えさせられました。

***

「落語家は笑いを届けるもの。人が死んでも笑いで送り出す。」

これが落語家としての死との向き合い方だそうです。

告別式では万歳をして送り出す。それが落語家というもの。

もちろん悲しくないわけじゃないでしょう。

でも、場を明るくするのが落語家の務め。故人のためにも明るく送り出す。いかにも落語の世界らしいと思います。

***

小蝠師匠の訃報を受けてのツイートを見てみると、多くの落語家は素直に悲しみを表現し、「ご冥福を・・・」とコメントしています。

さすがに急な訃報ですから、悲しみを隠せないのも無理はないかもしれません。

一方で、小蝠師匠ととくに親交の深かった落語家のツイートは少し違いました。

 

https://twitter.com/Edataro_Katsura/status/952234616429060097

 

「おめぇ、来るの早くねぇか?」は文治師匠。

「あの世でも上納金は取るからな」は談志師匠。

仲が良かったからこそ、こんな時でも笑いを。

たまらなく辛いからこそ、笑いに変えて。

***

笑いは傷ついた人の心を明るくしてくれます。

明日を歩む勇気をくれます。

落語家が死者を笑いで送り出すのは、親しい友との死別がなにより悲しいことだから。

落語がまた好きになりました。

────◆◇ Thank you ◆◇────

ポチッとしていただくと更新の励みになります。

 にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ