お運びをいただきまして厚く御礼申し上げます。

落語を聴くようになると、同じ演目でも演じる落語家によって大きく異なるということに気付きます。

古典落語は多くの落語家が同じあらすじで話すわけですが、話し方もテンポも間の取り方も表情も仕草も・・・じつにさまざまです。

オリジナルのギャグや笑いどころ(くすぐりと言います)を入れる師匠もいれば、自分なりの解釈を加えて、元の話とは随分違うストーリーにしてしまう師匠もいるのです。

そこに落語家それぞれの持ち味が出るのであって、同じ演目でも、爆笑することもあれば終始客席が沈黙してしまうなんてこともあるんですね。

ですから同じ落語を聴くにしても、

誰の落語を聴くのか

ということはとても大切です。

では、いま誰の落語が面白いのか。

この本は、落語に関する多くの著書を持つ専門家が分かりやすく落語家を紹介してくれています!

 

それではこの本の良いところをご紹介します。

信頼できる著者

著者は広瀬和生という方です。

この方は40年以上に渡って落語を聴き続けておられ、現在でも年間350回ほども落語会に行っているそうです。

平均すると

ほぼ毎日落語会。

落語が大好きな私もさすがにドン引き 落語男子を自称するのが恥ずかしくなるほどです。

そんな広瀬先生はすでに落語関係の書籍を多く出されているのですが、この本では今イチオシの落語家を50人、適格な分析とともに紹介しています。

 

簡潔ながら的を射た紹介

50人のイチオシ落語家が、1人あたり3~4ページほどの簡潔な文章で紹介されています。

簡潔と言っても、その落語家の経歴やおもなエピソード芸の持ち味やそれが如実に表われている得意演目を具体的に書いてくれています。

そして、50人のイチオシ落語家にそれぞれキャッチコピーを付けているのも興味深い点。

例えば

  • 「エンターテイナー」 立川志の輔
  • 「開国派」 春風亭小朝
  • 「三位一体」 柳家喬太郎

といった具合です。

喬太郎師匠がどうして「三位一体」なんでしょうか?

紹介文を読むととても納得できます。

 

バランスの取れた人選

50人は広瀬先生の独断で選ばれたものですが、とてもバランスが取れています。

落語協会・落語芸術協会・立川流・円楽党という4大会派すべてから選ばれていますし、上方からも二人入っています。(基本は江戸落語から選ぶというコンセプトなのでしょう。)

そして現役の落語家に絞って選ばれていますから、生の落語を聴きに行くうえで役立つことでしょう。(ただし談志師匠・喜多八師匠は記事が書かれた後に亡くなりました。)

興味深いのは、この本が出版された2012年にはまだ二ツ目だった人も数人選ばれていることです。

その落語家は、春風亭一之輔、三遊亭天どんなど、今となっては人気真打である人たち。

広瀬先生がとても鋭い人選をしていたことがわかります。

ちなみに私の敬愛する一之輔師匠のキャッチコピーは

「部室落語」

です。

その意味は・・・どうぞ書籍をご覧ください( *´艸`)

 

味のあるイラスト

紹介されるすべての落語家に、南伸坊先生の描いた高座姿のイラストのページが付いています。

温かみのあるタッチで描かれた師匠方はどの師匠もよく特徴を捉えられていて、見ているだけでほっこりしてしまうこと請け合いです。

 

まとめ

というわけで、どの落語家を聴きに行けばいいか知りたければ、ぜひこの本をおすすめします。

この本で挙げられている50人は、だれを聴いても間違いないだろうなぁと私も思います。

もちろんCDやDVDで落語を楽しむのも良いのですが、やっぱり落語は生に限りますね。

みなさんも、おすすめの落語家がいたらぜひ教えてくださいませ。

それではまたのお越しをお待ちしております。

 

────◆◇ Thank you ◆◇────

ポチッとしていただくと更新の励みになります。

 にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ