お運びをいただきましてありがとうございます。

このサイトをご覧になっている方の中には、落語を聴き始めたばかりという方もいれば、落語にハマって数年経っているという方もおられるでしょう。

そこで今日は、落語にある程度通じておられる皆さまにおすすめの書籍をご紹介いたします。
その本がこちらです!

 

では、この本のおすすめポイントをお伝えしておきましょう!
 

① 筆者が寄席文字の書家、橘左近

なんと言ってもこの本の良さは、筆者が落語界の重鎮、橘左近であることに尽きるでしょう。
橘左近は昭和9年生まれで、寄席文字橘流家元・橘右近に師事し、昭和39年に左近の名を許されました。
幼い頃から寄席に親しみ、昭和から平成にかけて寄席を誰よりも近くで見てきた存在です。

あの立川談志師匠を『かけがえのない戦友』と呼べるほど落語界で大きな存在である著者が書いた落語本というところに、まず大きな価値があるのです。

 

② 詳しすぎるほどの落語史

落語の歴史には70ページ余りが割かれています。
落語の起源と言われる戦国時代まで遡り、落語がどのようにして成立してきたのか詳しく教えてくれています。
本来は入門書として書き始められたようですが、ご自身も「かなりマニアックな内容」と述べるとおり、

 

とても入門書と呼べるレベルではない

 

ということがすぐに分かります。
ですから落語入門として1冊目にこれを読むことは、あまりおすすめしません笑

時代ごとの貴重な写真を織り交ぜながら、テンポ良くそして詳しく歴史を概観できます。
落語協会の分裂騒動などに関しても、そばで見ていたからこそ書ける内容で、歴史的資料としての価値も十分にあると思われます。

この本を読めば、「落語の歴史はひと通り押さえた」と胸を張って言えるでしょう。

 

③ おすすめの演目解説

50の演目にしぼり、あらすじや聴きどころを解説しています。
さらに、橘左近だからこそ書ける、演目ごとのおすすめの落語家を教えてくれています。

そしてコラム記事において、それ以外で名作とされる100の演目がリストアップされています。
これを読めば、落語全体の中で聴いておくべき合計150の演目を知る事ができますな。

そして、今後だれかに「落語の中で傑作と言われる演目は?」と訊かれても、もう困りません。

 

たった150個の演目を言うだけですから。

 

④ とても詳しい落語名人列伝

最後は昭和時代の名人を一人ひとり写真付きで解説するセクションです。
これが本当に興味深い!
心から寄席を愛し続けていたんだということがよく分かる解説です。

  • 三代目 春風亭柳好
  • 三代目 桂三木助
  • 八代目 三笑亭可楽

など、昭和半ばまで活躍した師匠方から、

  • 八代目 桂文楽
  • 五代目 古今亭志ん生
  • 六代目 三遊亭円生

と言った昭和の名人はもちろんのこと、

  • 三代目 古今亭志ん朝
  • 五代目 柳家小さん

など、平成時代まで活躍した師匠方まで、
故人となった伝説的落語家たちをしっかり押さえた貴重な資料になっています。

しかも、おもな落語家に関しては一門の師弟系図も収録しており、大変参考になります。

 

まとめ

というわけで、こちらの本は中~上級者向けの落語本と言って良いでしょう。
ちなみにこの本の出版は2007年でした。

そして、この本を元にして情報を簡略化し、最近の情報を付け加えた本が2014年に出版されました。
それがこちらです。

 

ですから、「簡単でかつ信頼できる大御所が書いた本を読みたい!」という方はこちら、
「いやいやせっかく読むならもっと深く掘り下げた本が読みたい!」という方は前述の本をお選びください。

さぁあなたは

 

ライト左近、ヘビー左近、どっち?!

 

はい。おふざけが過ぎた所で今日はお開きでございます(*´Д`)
またのお越しをお待ちしております。