お運びをいただきまして、厚く御礼申し上げます。

ここまで寄席に関する情報をシリーズでお伝えしてきました。

演目のジャンルについてもご紹介しましたが、寄席では実際どんな演目が演じられているのでしょうか?
CDやネットで聴けるのと同じ演目が聴けるのか、それとも寄席独特のものがあるのか。

今日は、そんな疑問に答える寄席のデータベースとも言える良書をご紹介しましょう!
こちらです。

 

 

どうしてこの本がオススメなのか、理由をご説明いたします。
それでは参りましょう!
 

① どのネタがよく演じられているか、一目瞭然

この本のコンセプトの1つは、寄席で演じられた演目をデータとしてまとめることです。
実際筆者は、末広亭のネタ帳を7年分借りてすべてを記録し、分析しています。
年代は2001年~2007年の7年間と少し古くはありますが、現在に通じる貴重な資料と言えるでしょう。

そして、

  • 「寄席のネタ・ベスト30」
  • 「トリネタ・ベスト20」
  • 「前座ネタ・ベスト10」

など、色々な観点でランキング形式にして公開してくれています。

ですからこれを読めば、寄席で実際に聴けるネタを知り、予習することも可能になるのです。
これは寄席を愛する人間にはとても貴重なデータベースになるでしょう。

 

② 各ネタを多く演じた落語家ランキング

有名なネタに関しては、どの落語家がよく演じているか、ランキングで公開しています。

例えば、有名な「井戸の茶碗」を末広亭で最も演じたのは誰でしょうか?
そんなことを知ると、寄席への理解も深まってきます。

また、

  • 「これまで一度も演じられなかったネタ」
  • 「一度だけ演じられたネタ」

など、さまざまな角度での分析も載せられてます。

それぞれに解説文もついており、寄席のネタ事情にかなり詳しくなれるでしょう。

 

③ 有名落語家へのインタビューと、演じたネタのランキング

本の後半は、インタビューを中心に書かれています。
柳家さん喬師、柳家権太楼師、三遊亭小遊三師など、現在も第一線で活躍する落語家11人へのインタビューと、各師匠が演じたネタの回数をランキングしたものが載せられています。

ですからこれを読んでから寄席に行けば、

「あ、師匠が得意とするあのネタだ!」

とか、

「この師匠がこの噺、珍しい!」

というような楽しみ方もできるわけですな。本当に楽しいです。

 

④ 古今亭志ん朝師匠の最後の高座についての解説

今や伝説の落語家である古今亭志ん朝師匠ですが、この本では師匠の末広亭での最後の10日間の高座についてじっくり解説する章があります。
亡くなっても今なお人気の志ん朝師匠。その現役最後期の高座について知ることのできる、貴重な資料です。

 

⑤ 信頼できる著者

著者は長井好弘さんです。
落語など芸能の評論家として有名で、落語関係の書籍も数多く執筆しておられます。
読売新聞社の記者でありながら、浅草芸能大賞専門審査員などの肩書きもお持ちです。

落語界が信頼するこの著者だからこそ、末広亭から7年もの期間のネタ帳を借りることができたのでしょう。
師匠方とのインタビューが実現したのも、長井さんだったからこそでしょう。

 

まとめ

私自身、寄席デビューをするに当たって、またデビューした後も、この本をたびたび開いています。

やはり、寄席ではどんなネタがポピュラーなのか知ることができたのは大きかったですね。
有名なネタは一通りCDやネットでチェックしてみよう!なんてぇこともできるわけです。

もちろん、寄席は基本的にトリ以外持ち時間が短いですから、ネタには偏りもあるでしょう。
それでも、有名な落語ネタはかなり網羅されているはずです。

どうぞ良ければご覧になってみてください。
きっと、寄席に行くのが10倍楽しくなりますよ(^^)

 

またのお越しをお待ちしております。