行政書士試験

このところブログの更新が滞っていた、七之輔です。

先日の記事でお話ししたとおり、国家試験を受けるため、準備に専念しておりました。
そして平成29年11月12日(日)、ついに試験本番を迎えました。

その国家試験とは、

行政書士試験

です。

もともと、友人が行政書士試験を受けるということで興味を持ち、勉強を始めた私。
その当時、試験まではすでに半年を切っていました。

簡単な試験ではないことはわかっていました。
でも、やるからには合格したい。

法律を学ぶのは初めてでしたが、この半年弱、独学で試験の準備をしてきました。

やれるだけのことはやりきり、本番を迎えた昨日、緊張感に包まれた3時間の試験ですべてを出し切りました。

 

そして当日の晩、予備校各社が出す解答速報で自己採点。
合格するには300点満点中、180点が必要。
伸るか反るか、

結果は・・・

 

240点。
(記述以外188点/記述52点 ※記述はほぼ正答例通りに書けましたが、細かな減点があると想定)

 

・・・やりました!!

 

約半年の死に物狂いの勉強が、報われた瞬間でした。
独学での勉強には限界があるのではと、何度もくじけそうになりましたが、諦めなくて本当に良かった。

支えてくれたすべての方に感謝です。

 

行政書士試験を志す方は毎年数万人。
こんな私の経験でも、役立てていただける方もおられるかもしれません。

そこで今後、このサイトにおいて、

独学で行政書士試験に合格するための勉強法や体験談をシェアしていけたらと思います。

 

もちろん、当サイトの柱である落語を中心にさまざまなジャンルの記事も更新してまいります。
試験が無事終わったので、更新頻度も上げていけるでしょう。

本日は簡単なご報告まででした。
読者の皆さま、どうぞ今後とも「七之輔.com」をよろしくお願いいたします(^^)