行政書士試験の勉強に最適な六法はいったいどれでしょうか?

これに関しては、本当に意見がさまざまです。

  • やはり行政書士試験用に作られた六法が効果的だ
  • ポケット六法を使い、勉強した条文にチェックを入れていくべし
  • 判例六法で判例をチェックすると良い

行政書士試験の講師をされている方でも意見が分かれており、初学者は迷ってしまいます。

この記事では、法律学習経験なしから半年の独学で合格見込みとなった私の意見を、経験をふまえてお伝えしたいと思います。
もちろん、専門家でも意見が分かれているほどですから、結局は自分の勉強法に合うものが最適ということになるでしょう。
この記事がこれから勉強される方の参考になれば幸いです。

行政書士試験六法は、買ったものの使わなかった

私は勉強を始めた当初、友人に勧められて行政書士試験用の六法を購入しました。
買ったのはこちらです。

 

以下、この六法のメリット・デメリットをみていきましょう。

 

行政書士試験六法のメリット

  • 行政書士試験に必要な法律だけが載っている
  • 条文ごとに関連判例・関連過去問が掲載されている
  • どの条文がどの年に出題されたかが表示されている

たしかにこの六法を駆使すれば、行政書士試験のエキスパートになれそうな気がします。

 

行政書士試験六法のデメリット

  • 分厚すぎて持ち運びに苦労する・開く気になれない(1200ページほどあります)
  • 関連判例や関連過去問がスペースを取りすぎて、条文だけを素読することができない

分厚いのは仕方ないのですが、やはり持ち運びに困ります。家で勉強するとしても、辞書のように分厚い六法をわざわざ開く気になれません。テキストや問題集に出てきた条文をチェックする作業は大切なので、ここは大きなデメリットです。

分厚くなる原因はおもに関連判例や関連過去問にスペースを多く使っているからなのですが、もう1つ、会社法がかなりのページ数になっています。(条文数が多いので仕方ないのですが。)

民法は主要科目なのでまだ許せるとしても、会社法は行政書士試験においてはマイナー科目。条文を読み込むところまでする人は少ないのではないでしょうか。ましてや短期間での合格を目指す場合、会社法は基本事項以外は戦略的に捨ててしまう場合さえあるのです。

関連判例や関連過去問は、あれば参考にできることもあるとは思いますが、六法に載せられていなくても良いと思います。判例は判例集で読めば良く、過去問は5年分ほどを解いて自分で分析できるからです。(これに関しては、勉強法全体に関連するので後日詳しくご説明していきます。)

それよりも、いつでも気軽に開ける薄さで、条文だけが書かれているものの方が役立ちます。特に行政法は、条文の素読で全体像をつかむのが大切です。

以上の理由から、私は行政書士試験用の六法を開くことはほぼありませんでした。

 

おすすめの六法は?

私のおすすめの六法は、伊藤塾の「うかる!行政書士 総合テキスト」に付録としてついている「ハンディ行政書士試験六法」です。

 

「付録なんかで済ませていいのか?!」と思われるかも知れませんが、大丈夫です。必要なものはちゃんと入っています。

ハンディ六法の目次

目次を見ていただくとわかりますが、この六法が収めているのは行政書士試験で必要とする憲法・民法・行政法の条文だけです。商法・会社法は載せられていません。

内容はひたすら条文が載っているだけ。判例も過去問も解説も何もありません。

まずこの六法の良いところは、1cmにも満たない薄さ。これならいつでもどこでも持ち運べます。学習時にも気軽に参照できます。

ハンディ六法外観