お運びをいただきまして、ありがたく御礼申し上げます。 今日はおすすめの落語家シリーズでございます。 前回は古今亭志ん朝師をご紹介しましたが、今回はその実兄である…
続きを読む